くらし

vol.04 自分らしさを全力で!庭でつながる完全分離二世帯に暮らす

長野市 Tさん

60代の親世帯・30代の子世帯ファミリー。同居していた両親の他界後、大きな家で夫婦ふたり 愛犬たちと暮らしてきた親世帯。愛犬たちが天国へ旅立ったのを機に、「そろそろ一緒に住もうか」と息子家族との二世帯住宅のリノベーションを決めたそう。ふたたびにぎやかになったTさん家族のその後、のぞかせていただきました。

 

Keep the 「完全なる、マイペース」

ひとつ屋根の下で暮らすとなれば、「いかに家族の調和をとるか」が主題になりがち。Tさん宅は違った。長く別々の生活スタイル・生活リズムを送ってきたふたつの家族が無理に合わせることはない。住む場所・住むエリアが変わるだけで、これまでどおり、自分らしく過ごすことを重視した。お互い、「完全なるマイペース」を保つ選択だ。

親世帯は、リノベで居住規模を1/3以下に縮小。これまで大きな家をまるごと使っていたことを思うとずいぶん思い切った縮小だが、「本当にラクになった!」とお母さま。これまで、家じゅうの掃除をするのにずいぶん時間をとられていたという。それが、見渡せるぐらいの範囲に収まったのだから、よろこぶのもうなずける。

子世帯は、既存を活かしたゆったりとしたつくり。吹き抜けのあるリビングとダイニングをつなげて広いLDKとし、中心に薪ストーブを据えた。「子ども頃から薪ストーブのあるのが当たり前だったから、これはもう必須!」とご主人。アウトドア好きのご主人には、たしかに似合うアイテムだ。

“完全なるマイペース”と言ったって、お互いまったく関わらないわけじゃない。ふたつの家族の住空間は、南に広い庭を共有している。子どもたちが遊ぶときには、おじいちゃん・おばあちゃんの居間の前までやってきて、ああだこうだとおしゃべりするのが普通だし、お母さまや奥さまも、用事があるときには庭から隣に用事を足しに行く。「まるでお隣さんね」と笑うふたり。この距離感・この感覚が、なんともちょうどいいのだ。

 

愛しい足おと

親世帯には、これまでのライフスタイルになかった「うれしい変化」がふたつ。

ひとつは、同居を機に小学生の子どもたちを見守る“祖父母の会”に入ったこと。T邸のすぐそばにある小学校では、PTAとは別に、孫たちを見守る“祖父母の会”があり、子どもたちの通学の安全を支えているという。「小さい子たちが、元気いっぱい『おはようございまーす』って言ってくれるの。もう、かわいくてかわいくて」。とお母さま。自分の家の孫に加え、地域の子どもたちとも関わる機会も増えて、「世界が広がった」と話す。

もうひとつの嬉しい変化は、”あしおと”。いままで聞こえなかった、新しい音が聞こえるようになった。横並びの二世帯なので日常の生活音はほとんど聞こえないT邸だが、リビングを走り回る子どもたちの足音は親世帯にも伝わってくる。
「トコトコトコ…って聞こえてくると、顔がほころんじゃう」とお母さま。「今日も元気にしているな、と思うと元気がでる」と話す。「これが知らないひとだったらきっと違った気持ちになるんだろうけど、孫たちの足音だと思うと愛しくて。愛情のちがいかしらね」。

こぼれるような笑顔で嬉しそうに話すお母さまと、うんうん、とうなずくお父さま。二世帯ぐらしは、ご両親の日常に嬉しい変化をもたらしている。


受け継いで、次へ。

子世帯のご主人の、アウトドア好き・バイク好き・モノづくり好きは、お父さまゆずりという。元々お父さまの作業場兼ガレージだったスペースは、今はお父さまのバイク1台を残し、ほとんとご主人のものに占められている。

「休みの日は、朝から晩までずーっとここにいますよ」と半分呆れ顔で笑う奥さまだが、ワクワクの詰まったこの場所は、子どもたちにとっても興味津々のスポットだ。ときには三世代でバイクいじりをしたりモノづくりをしたり。休みの日には、ふたつの家族が集まって、ここでバーベキューをすることもある。

こういう日常・場所があることは、子どもたちにも大きな刺激。お父さまからはじまったアウトドア好き・バイク好き・モノづくり好きは、着実に次にバトンがつながっているようだ。

大事なバトンはもうひとつ。
25年前、素材をえらびながら丁寧につくられた住まいは25年の風合いをもつ住まいになった。庭木は大きくゆたかに育っているし、今や希少とされるピーラー材は色味を増して吹き抜け天井を彩っている。

「この家を、次の代へ」というお父さま・お母さまの思いを受けて、家族に合ったかたちでリノベーションされたT邸。ふたつの家族がそれぞれの暮らしを営み、ときに混じり合いながら、ゆっくりと この家のバトンをつないでいる。

 

この家の実例をみる

竣  工:2021年7月
家族構成:ご夫婦・お子さま3人 / ご両親

 

– snap photo gallery –
子世帯キッチンはカウンター&テーブル、収納を造作。こうした時間が持てるのも素敵。

居心地のいいのか、キッチンには自然と家族が集まってくる。

愛車が並ぶガレージ。暑い季節は、ここがバーベキュースペースになるという。

広い庭にはサッカーゴールも。夏には大きなプールも登場するそう!