施工事例

湯田中 リノベーションの住まい

東京にお住まいのご両親が、湯田中の温泉地に住む娘さんご家族と一緒に暮らすのを機にリノベーション。来客の多い家ならではの配慮をしつつ、温泉を活用した介護のしやすい住まいを叶えました。
-住まいのお悩み-
・冬はとても寒い(東京に比べると極寒!)
・介護への配慮がなく介護する側・される側にも不便
・天然温泉の浴室が廊下でつながる離れにあり、不便

【Data】
建設地下高井郡山ノ内町湯田中
家族構成ご両親・ご夫婦・お子さま4人
築年数over 50 年
延床面積143.88 m243.5 坪
        ・1F143.88 m243.5 坪
        ・2F----- m2----- 坪

 

コメント

元々温泉旅館だった築50年を超える木造住宅。ここで暮らす若いご家族と、東京に暮らすご両親との同居を機に、介護を見据えた住まいへとリノベーションしました。
課題は、寒さ対策・介護のしやすさ・暮らしやすさ。ご両親には、信州の冬の寒さはかなり堪えるでしょうし、浴室(温泉)が母屋と離れていて不便なこと、介護するには動線や居室配置に問題があること、来客が多くプライベートとの分離が必要なことなど、配慮すべき内容は盛りだくさんでした。
そこで、まずは断熱性能を高めて介護や車いす利用にも便利な水回り動線を確保し、ご両親の居室と結ぶことに。また、既存の欄間やふすまなど趣ある建材は積極的に再利用しながら1階の居住空間を再配置しました。お施主さまご夫妻が温泉の積極活用を希望されていたことから、浴室はもちろん床暖房にも温泉熱を利用。環境や既存の要件を活かしつつ課題を克服した、快適で居心地のいい住まいになりました。